ブログ

ブログ

異国文化に触れる

[2019年06月30日 18:34]

先日、研修でベトナムに行ってきました。

ベトナムはただいま雨季です。

到着日 体感温度40度近く・・・翌日50度・・・連日とにかく蒸し暑く、息苦しいほどの日々でした。

現地の方から日中の外出は避けたほうが・・・とアドバイスはいただきましたが・・・せっかく来たので、移動手段=徒歩で滞在中とにかく歩きまわりました。

連日、おさるのように真っ赤な顔でふぅふぅ言いながらの散策が続きました。



ププププー!!!!通るよ!通るよ!どけどけー!!!バイクのクラクションが鳴り止むことがなく、

ずーーーーーっと、音のある騒がしい街でした。

この国には、信号はないの? ヘルメットの義務化はあるの?

50ccのバイクに5人乗ってもいいの? 赤ちゃんはなぜバイクの上で爆睡?

警察いるけど、なぜ止めないの? 5mちかい塩ビパイプも鉄管もバイクで運ぶの?

危ないとか、迷惑になるとかって概念はないの?

まだまだ交通整備等、いろいろ必要なことが多そうです。。。目に映る光景は驚き連続でした。

蒸し暑い、騒がしい・・・・いまにもバイクにひかれそう・・・と心穏やかでない日々(笑)

それでも、人間とは順応するもので、数日後には、それが日常に変わっていました(笑)

と・・・冒頭マイナスイメージの感想になってしまいましたが・・・実は、帰国した今、また行きたい!とおもってます(笑)

ベトナム滞在中は、ホアンキエム湖を中心に、いろいろ散策してきました。







大亀がもたらした神剣で15世紀に中国明軍を打ち破った伝説のある玉山祠(ぎょくさんじ)



実物大の大亀です! 2m 200キロだそうです。※本物です。



ホアンキエム湖の西側から歩いてすぐのネオゴシック様式の大きな教会。パリのノートルダム寺院を手本として建立され、街のシンボルになっていました。ここだけパリみたいです♪



オペラハウス

1911年のフランス植民地時代、約10年の歳月を費やして完成された劇場です。ヨーロッパのオペラハウスに比べ規模は小さいながら、優雅で美しかったです。残念ながら中には入れませんでしたが、外のカフェテラスまでは入れました。





優雅なティータイム・・・・とはいかず、やっぱり暑いのでさっさと退散・・・。



湿度が高いので、みどりは育ちますね~、おおきな木が日陰を作ってくれているので

なんと助かり、おかげでジャパニーズはふぅ~ふぅ~言いつつ歩きます。

止まったホテルが旧市街にあるのですが、ここは商人の街です。

ちいさな店のところ狭しと商品が陳列?珍列?されています(笑)



どうやって欲しいものをとるのか?笑



そんな中、こっそり立派な家もあります。

やっぱり、すこし、おフランス感ありますね。



黄色い建物と赤い屋根は幸福を表すようで、縁起担ぎだそうです。

そういえば、街全体が黄色いなぁ~と感じました。



また、地震がない国だからこそ、上に上に建築増築していくそうで、4階… 5階建てのおうちも

たくさんありました、一番したからおばあちゃん世代、息子世代、孫・・・と一家親族みなで住んでいることが多いそうです。

まだまだ、体力がもつまで、歩いたので写真がたくさんあるのですが・・・・ここらへんにしておきます笑

あっ、言い忘れましたが、ベトナムでいただいた料理は、すべてといっていいほど、どれも最高においしかったです!



初日に食べた ブン・チャーは最高!

ベトナムの醤油・オイスターソースにナンプラー、チリソースにお酢、どれも日本人好みの味付けで、また食べたくなります。

はじめてのベトナム、本当に想像以上に、活力・生命力溢れるわくわくと、騒がしい街でした。

出生率ナンバーワン?のベトナム、街中にたくさんいたこどもたちが大きくなるころ、きっともっと

活力溢れる国になっているんだろうなぁ~と明るい未来を強く感じることができました(^-^)

 

 

住宅・店舗・ガーデンの新築・リノベーション工事
設計・施工・ご相談や施工事例をお探しという方は
コチラ↓↓
弊社 CLAFT リノベーションスタジオ HP
http://www.claft.co.jp


 

一覧へ戻る

リフォームのみに限らず外構エクステリアから店舗・新築幅広く対応可能です。
なんでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

Tel : 0120-56-9210受付時間 AM 9:00 ~ PM 6:00 contact us お問い合わせはこちら